[プロの野菜図鑑]旬のアスパラガスは生×塩でおつまみに大変身!?

疲労回復にも効果アリ!今が旬のアスパラガス

みなさん、だんだ~ん!
島根県産を中心に、野菜の卸を行っている当社の“島根のこだわり野菜おじさん”こと中脇が、旬の野菜の魅力をお伝えするコーナーです!

今回の食材は「アスパラガス」です。

国産のアスパラガスは、2月頃からだいたい9月頃まで収穫されます。
島根県では出雲市産が人気で、出雲市のアスパラガスは3月頃から収穫がスタート。

アスパラガスには「アスパラギン酸」という栄養素が豊富に含まれていて、疲労回復にも効果が期待できる食材。
青々とした見た目も何だか元気が出ますが、それだけじゃなく、食べて元気になれる食材なんですよ!

実はアスパラガスは品種によって見た目や味わいも様々!
上の写真は中脇喜一郎商会でも取り扱っている品種を並べてみました!

①一番上…さぬきのめざめ(ロングアスパラガス
②上から二番目…島根県産 ホワイトアスパラガス(極太)
③上から三番目…島根県産 グリーンアスパラガス 3L
④一番下…島根県産 グリーンアスパラガス 2L

同じ品種でも規格によって長さや太さが違うので、食べ方や調理方法に合わせてちょうどいいものを探していくことができます。

ロングアスパラガスは通常のアスパラガスの約2倍の長さ!
ホワイトアスパラガスは透き通るような白さが特徴です。
ある日のアスパラガス豚巻きです(自作)

アスパラガスを使った料理と言えば、代表的なのはやはりベーコンや豚肉巻きでしょうか。
肉巻きは「シャキ!ジュワ~!」といった口当たりで、箸が止まらなくなりますよね~。

ほかにも天ぷらにしたり、油で炒めたりと、油を使った料理との相性は申し分ありません!

ですが、ですが!

実はアスパラガス、生食もおいしいってご存知でした?

アスパラガスは塩×生食でツウなおつまみに大変身

野菜の卸をやっている私としては、生食もぜひお試しいただきたい食べた方のひとつ。

アスパラガス本来の味や香り、食感が存分に楽しめるのでオススメ。

単純にマヨネーズをつけてもおいしいんですが、ちょこっと塩を振りかけると更に!!美味しいです!!

アスパラガスは部位によって風味が異なります。
穂先は少し青い味わいがある一方、真ん中あたりは甘みを感じられ柔らかく、軸の部分はしっかりと硬め。

それぞれに異なる味わいを、まるでワインでもテイスティングするかのように味わう……。ちょっとした贅沢ですね。

【おまけ】レア?アスパラガスの選別機械はこんな感じ↓↓

こちらの写真は、収穫されたアスパラガスのサイズに応じて、振り分けていく専用の選別機械。

はじめに申し上げたように、アスパラガスとひと口に言っても微妙に長さや太さが異なります。
背丈が揃ったスーパーでよく見かけるアスパラガスも、実はこういった機械で、同じようなサイズのアスパラガスでグルーピングされていくんですね~。

野菜の卸をやっていると、おもしろいモノやヒトに出会うこともしばしば。
今後もこちらのブログでちょいちょい小ネタを紹介していこうと思います!

■追伸■
野菜ギフトをはじめ、当社の商品以外のお話、例えば「おいしい野菜の食べ方教えて!」「この時期の狙い目食材ってどれかなぁ~」なんてご相談もお待ちしていま~す!